カテゴリ: リーグ順位&優勝回数推移

前回の記事では、ドイツのブンデスリーガのうち、バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、ボルシア・メルヘングラートバッハ(MG)3クラブについて、

ブンデスリーガが創設された1963-64シーズンから2020-2021シーズンの順位推移を見てみました。

今回の記事では、シャルケ04、フランクフルト、レバークーゼンの3クラブの順位推移を見てみたいと思います。


<3クラブのブンデスリーガの順位推移>

3クラブのリーグ順位の推移を表にしてみました。

IMG_6940

※タップすると拡大表示されます


シャルケは、実はブンデスリーガ優勝経験がありません。内田篤人さんが活躍していた2000年代に2位になるシーズンが何度かあり、チャンピオンズリーグでもベスト4に入るなど存在感を示していたので、少し意外です。


フランクフルトは、長谷部誠選手や鎌田大地選手など日本人選手が活躍していて、日本人にとって馴染み深いクラブですよね。

1980年代後半〜1990年代前半に最も安定して強い時期がありますが、ブンデスリーガ優勝経験はなく、2部で過ごすシーズンもちらほらあります。


レバークーゼンは、1979-80シーズンにブンデスリーガ初参戦してからは一度も降格せずに1部で戦い続けています。1990年代頃からは安定して上位に入っていますが、ブンデスリーガ優勝は達成できていません。

今回の記事では、ドイツのブンデスリーガのうち、バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、ボルシア・メルヘングラートバッハ(MG)3クラブについて、

ブンデスリーガが創設された1963-64シーズンから2020-2021シーズンの順位推移を見てみようと思います。


<3クラブのブンデスリーガの順位推移>

3クラブのリーグ順位の推移を表にしてみました。

IMG_6939

※タップすると拡大できます。


<3クラブのブンデスリーガの優勝回数>

IMG_6936


バイエルンは、ブンデスリーガ創設時の参加クラブには選ばれなかったものの、1965-66シーズンの参加初年度にいきなり3位となり、1968-69シーズンの初優勝以降は圧倒的な強さを誇ります。

30回のリーグ優勝回数は、他を寄せ付けません。


ボルシア・ドルトムントは、2010年代はバイエルンの対抗馬の位置付けですが、常にその地位を維持していたわけではありません。1994-95シーズンが初優勝とあまり早くなく、その後も中位を彷徨う期間も長いです。リーグ優勝回数は5回です。


ボルシアMGは、1970年代に黄金時代を築き、5回のリーグ制覇を果たしています。以降は徐々に下降していき2部で過ごすシーズンもありましたが、2010年代に入ってからは徐々に1部でも上位にランクインするようになってきています。

今回の記事では、イタリアのセリエAのクラブのうち、ユベントス、ACミラン、インテル・ミラノの3クラブについて、

全国リーグとなった1929年から2020-2021シーズンの順位推移を見てみたいと思います。


<3クラブのイタリア・セリエAの順位推移>

リーグ順位の推移を表にしてみました。

IMG_5621

表をタップすると拡大できます。


<3クラブのイタリア・セリエAの優勝回数推移>

続いて、1位獲得数推移をグラフにしてみました。

IMG_5622


ユベントス

リーグ優勝35回は国内クラブの中でダントツです。

いつの時代も安定して強いですが、2006-07シーズンはスキャンダルによりセリエBで戦っています。1970年代や、9連覇を達成した2010年代は「ユーベの時代」と言っていいでしょう。


インテル

優勝回数は17回で、1960年代と2000年代に多く優勝しています。2000年代はユベントスがスキャンダルによりセリエBに落ちるなど再建期だったこともあり、その間に国内では一時代を築くことに成功しました。


ACミラン

優勝回数は15回と、3クラブの中では最も少ないです。

1986年にベルルスコーニ氏がクラブを買収し、アリゴ・サッキ監督がプレッシングサッカーで世界を席巻した強いインパクトがありますが、

ちょうどその1980年代後半〜1990年代中頃にリーグ優勝が集中しています。


この3クラブ以外が優勝したのは、22シーズンです。193040年代にトリノ、ボローニャが複数回優勝していますが、直近では中田英寿さんが活躍した2000-01シーズンのローマまで遡ることになります。

2021-22シーズンはナポリが好スタートを切っているので、久々に3クラブ以外の優勝を見れるかもしれません。

今回の記事では、スペインのリーガ・エスパニョーラのクラブのうち、バルセロナ、レアル・マドリード、アトレティコ・マドリード、アスレティック・ビルバオの4クラブについて、

全国的なリーグ戦がスタートした1928年から2020-2021シーズンの順位推移を見てみようと思います。


<4クラブのリーガ・エスパニョーラの順位推移>

4クラブのリーグ順位の推移を表にしてみました。

IMG_5549

表をタップすると拡大できます。


<4クラブのリーガ・エスパニョーラの優勝回数推移>

続いて、1位獲得数推移をグラフにしてみました。

IMG_5550


レアル・マドリード

1953-541968-69の長きにわたり、黄金時代と呼べるシーズンを過ごしました。197080年代も数度の連覇を果たし、圧倒的な実績を誇ります。

1990年代はレアルにしてはやや停滞した期間でしたが、2000-01シーズン以降は、2003-04シーズンの4位を除いては全て3位以内に入るなど、相変わらずの強豪ぶりです。

通算の優勝回数34回は国内最多です。


バルセロナ

1980年代までは安定的に上位には位置するものの、優勝は10回。同時期にレアルはすでに25回の優勝をしており、実績では大きく水を開けられていました。

1990年代以降はハイペースで優勝し、2003-04シーズン以降は3位以内を維持し、リーグ優勝10回。レアルとの差を縮めています。

通算の優勝回数は26回です。


アトレティコ・マドリード

個人的には、イメージしていたよりも1部で上位に食い込むシーズンが多い印象でした。迷走していた期間が長いように思っていましたが、2部で戦ったのは戦前と2000-012001-12シーズンだけ。

2013-14シーズン以降は3位以内を維持し、リーグ優勝も2回達成しました。

通算の優勝回数は11回です。


アスレティック・ビルバオ

優勝回数は8回ですが、そのうち5回は第二次世界大戦前であり、1983-84シーズンを最後に優勝から遠ざかっている状況です。

1983-84シーズン以降は、優勝争いというよりもどちらかと言えば残留争いに巻き込まれるシーズンの方が増えてきていますが、

バスク純血主義を貫きつつ、未だに一度も2部に降格することなくトップリーグに在籍し続けていることが素晴らしいです。


4クラブ以外が優勝したのは、2020-21シーズンまでの93シーズンのうち14シーズンのみでした。

全シーズンの84.9%は今回ご紹介した4クラブが優勝しており、うち64.5%はレアルかバルサが優勝しています。データで見ても、レアルとバルサは圧倒的な存在ですね。

過去の記事では、イングランド・プレミアリーグの「ビッグ6」と呼ばれる、マンチェスター・シティ、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、トットナム、アーセナルの、プリメアリーグ発足以降の順位推移を見ましたが、

今回は1950-1951シーズン以降まで期間を広げて順位推移を見てみようと思います。


<ビッグ6の順位推移>

1950-51シーズンから2019-20シーズンまでの間の、6クラブの順位の推移を表にしてみました。

IMG_5507

表をタップすると拡大できます。


<ビッグ6の優勝回数推移>

続いて、1位獲得数推移をグラフにしてみました。

IMG_5508


マンU

19902010年代前半の圧倒的な実績により、優勝回数18回は最多。

一方で、1980年代までは上位に顔を出すものの優勝できない時期が長かったのは意外でした。


マンC

ビッグ6の中で最も1部と2部を行ったり来たりしています。

優勝回数は5回ですが、そのうち4回は2010年代に果たしています。


リバプール

古くからの強豪というイメージですが、意外にも1960年代中頃までは2部を戦っていた期間が長いです。その後197080年代に黄金時代と呼べる期間がありました。1990年代以降は優勝から遠ざかってしまいましたが、2019-20シーズンにクロップ監督のもとで悲願のプレミアリーグ優勝を果たしました。

優勝回数は14回です。


チェルシー

197080年代は長らく2部に在籍していました。1990年代途中から安定的に上位に食い込むようになり、2003年にアブラモビッチ氏がオーナーとなってから一気に力を付けました。

優勝回数は6回で、そのうち5回は2004-05シーズン以降に記録しています。


アーセナル

1950年からの長期で見ると、ビッグ6の中で唯一2部降格がなく安定しています。

優勝回数は7回で、うち5回は1988-892003-04シーズンに集中していますが、以降は徐々に成績が下降線を辿っています。


トットナム

上位から中位をうようよしている印象ですが、2010年代からは安定的に6位以内に入り強豪の仲間入りを果たした格好です。

優勝回数は1950-51シーズン、1960-61シーズンの2回です。


各クラブの黄金時代を整理すると、

リバプールは197080年代、

マンチェスター・ユナイテッドは19902010年代、

アーセナルは19902000年代前半に、

それぞれ一時代を築いているといえます。

チェルシーは2003年のアブラモビッチのオーナー就任、マンチェスター・シティは2008年のUAEの投資グループによる買収を機に、それぞれ優勝回数を伸ばしています。

トットナムは優勝回数は伸びていませんが、安定して上位にいる点では今がとても良い時期と言えそうです。

↑このページのトップヘ