タグ:ドルトムント

今回の記事では、ドイツのブンデスリーガのうち、バイエルン・ミュンヘン、ボルシア・ドルトムント、ボルシア・メルヘングラートバッハ(MG)3クラブについて、

ブンデスリーガが創設された1963-64シーズンから2020-2021シーズンの順位推移を見てみようと思います。


<3クラブのブンデスリーガの順位推移>

3クラブのリーグ順位の推移を表にしてみました。

IMG_6939

※タップすると拡大できます。


<3クラブのブンデスリーガの優勝回数>

IMG_6936


バイエルンは、ブンデスリーガ創設時の参加クラブには選ばれなかったものの、1965-66シーズンの参加初年度にいきなり3位となり、1968-69シーズンの初優勝以降は圧倒的な強さを誇ります。

30回のリーグ優勝回数は、他を寄せ付けません。


ボルシア・ドルトムントは、2010年代はバイエルンの対抗馬の位置付けですが、常にその地位を維持していたわけではありません。1994-95シーズンが初優勝とあまり早くなく、その後も中位を彷徨う期間も長いです。リーグ優勝回数は5回です。


ボルシアMGは、1970年代に黄金時代を築き、5回のリーグ制覇を果たしています。以降は徐々に下降していき2部で過ごすシーズンもありましたが、2010年代に入ってからは徐々に1部でも上位にランクインするようになってきています。

過去の記事で、2020-2021シーズン開幕時点の最新のUEFAカントリーランキング、クラブランキングをチェックしましたが、協会()・クラブごとに直近5シーズンの状況をもう少し掘り下げて見てみたいと思います。

今回は、UEFAカントリーランキング3位のドイツ編です。


本記事では、UEFAの公式ホームページのデータを使用しています。2019-2020シーズンのチャンピオンズリーグ決勝が終わった、8/26更新のデータです。

https://www.uefa.com

UEFAカントリーランキング、クラブランキングの概要は下記の記事をご覧ください。


<2020-2021シーズン開幕時のUEFAカントリーランキング>

image


<UEFAカントリーランキングの年別ポイント>

image


最新のランキングは3位。2017-18シーズンは不振でしたが、それ以外のシーズンでは23位のポイントを獲得しています。

バイエルンがCL優勝した2019-20シーズンはスペイン・イングランド・ドイツが僅差で並んでいます。


<2020-2021シーズン開幕時のUEFAクラブランキング>

image


<UEFAクラブランキングの年別ポイント・順位>

image


基本的にはバイエルン1強。国内では2012-13シーズンから8連覇中で、UEFAクラブランキングでも直近5シーズンすべてで20ポイント以上を稼いでいます。

バイエルンほどではありませんが、ドルトムントも健闘しています。

その2クラブ以外は混沌としてるのが特徴と言えます。

比較的安定しているレバークーゼン、一気に存在感を増してきたライプツィヒ、波の大きいシャルケがいますが、国際大会に出られないシーズンもあります。今後は、ライプツィヒが安定的に上位に入ってくるかもしれませんね。

ヴォルフスブルク、フランクフルト、メルヘングラードバッハあたりは中堅どころですが、残留争いに巻き込まれるシーズンもあり、やはりバイエルン以外は拮抗している印象です。

2000年代前半あたりに強豪と見られていたブレーメン、ハンブルガーSV、シュツットガルトなどは、今は1部にいなかったりするぐらいなので、諸行無常を思い知らされます。

↑このページのトップヘ