タグ:ヨーロッパリーグ

過去の記事で、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)UEFAヨーロッパリーグ (EL)UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(UECL)UEFA主催3大会について、

国・協会別に各大会の本戦出場クラブ数と、

本戦出場クラブのUEFAクラブランキングを比較してみました。

今回は、3大会の決勝ラウンド進出を同じように見てみたいと思います。


※本戦出場クラブの傾向についての記事はコチラです。


いずれのグラフも、2021-22シーズン開幕時のUEFAカントリーランキングの順番に国・協会を並べています。

表をクリックすると拡大表示できます。


<国別(協会別)CLELUECL出場クラブ数>

(オレンジ:CL、黄緑:EL、水色:UECL)

・本戦出場クラブ

IMG_6867


・決勝ラウンド進出クラブ


FullSizeRender

UEFAカントリーランキングが上位の国ほど本戦出場クラブが多い、という傾向は出ていましたが、

決勝ラウンド進出は、より傾向が顕著になり、7位オランダまでに集中していると言えます。


<CLELUECL出場クラブの、UEFAクラブランキング分布>

(オレンジ:CL、黄緑:EL、水色:UECL)

・本戦出場クラブ

IMG_6879


・決勝ラウンド進出クラブ

FullSizeRender


10位以内、1120位以内というように、10位単位で分類し、クラブ数を集計しています。

100位以降でもUECLを中心に本戦出場していましたが、決勝ラウンド進出はCLELUECLともに概ね100位以内のクラブとなっています。

ただ、決勝ラウンド進出クラブのボリュームゾーンは、CL10位以内、EL1150位、UECL5190位と、大会ごとにだいぶ異なります。

2021-2022シーズンから新設されたUEFAカンファレンスリーグ(UECL)の決勝ラウンド進出クラブについて、開幕時のUEFAランキングと比較しながら傾向を見てみようと思います。


表をタップすると拡大表示されます

 2021-22シーズン開幕時のUEFAランキング記事は、こちらからご確認いただけます。




<国別(協会別)UECL本戦出場クラブ数・決勝ラウンド進出クラブ数>

オレンジ:本戦出場クラブ数、青:決勝ラウンド進出クラブ数

FullSizeRender


ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ3位のクラブが、UECL決勝ラウンド進出をかけてプレーオフを戦っているため、

フランスやオランダは、本戦進出クラブよりも決勝ラウンド進出クラブの方が多くなっています。

オランダは、UECLのグループステージ参加3クラブが全て勝ち残り、EL3位のPSVがプレーオフで勝利したため、4クラブが決勝ラウンドに進出します。


<UECL本戦出場・決勝ラウンド進出クラブの、UEFAクラブランキング分布>

オレンジ:本戦出場クラブ、青:決勝ラウンド進出クラブ

FullSizeRender


チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグとは傾向が異なり、5160位の3クラブ、6170位の4クラブがボリュームゾーンです。

決勝ラウンドでは、UEFAクラブランキング上位のクラブが勝ち残っていくのか、そこまで上位ではないクラブが勝ち残っていくのか、注目していきたいと思います。

過去の記事で、2021-2022シーズンのUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージを振り返りましたが、今回は決勝ラウンド進出クラブについて、開幕時のUEFAランキングと比較しながら傾向を見てみようと思います。


表をタップすると拡大表示されます

2021-22シーズン開幕時のUEFAランキング記事は、こちらからご確認いただけます。




<国別(協会別)EL本戦出場クラブ数・決勝ラウンド進出クラブ数>

黄緑:本戦出場クラブ数、青:決勝ラウンド進出クラブ数

FullSizeRender


チャンピオンズリーグのグループステージで3位のクラブが、ヨーロッパリーグのグループステージ2位のクラブと、決勝ラウンド進出をかけてプレーオフを戦っているため、

スペインやドイツなど、本戦進出クラブよりも決勝ラウンド進出クラブの方が多い国があります。

UEFAカントリーランキング6位までの国から、12クラブが進出しており、ELとはいえ相当ハイレベルな決勝ラウンドが楽しめそうです。


<EL本戦出場・決勝ラウンド進出クラブの、UEFAクラブランキング分布>

黄緑:本戦出場クラブ、青:決勝ラウンド進出クラブ

FullSizeRender


10位以内の1クラブは、バルセロナです。

ELでは別格な気もしますが、1120位以内、2130位以内からも3クラブが決勝ラウンドに進出しています。

2/15(日本時間の2/16)から、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝ラウンドが始まりますね。

過去の記事で2021-2022シーズンのCLグループステージを振り返りましたが、今回は決勝ラウンド進出クラブについて、開幕時のUEFAランキングと比較しながら傾向を見てみようと思います。

表をタップすると拡大表示されます


2021-22シーズン開幕時のUEFAランキング記事は、こちらからご確認いただけます。




<国別(協会別)CL本戦出場クラブ数・決勝ラウンド進出クラブ数>

オレンジ:本戦出場クラブ数、青:決勝ラウンド進出クラブ数

IMG_6878


イングランドは出場4クラブ全てが、決勝ラウンド進出を果たしています。フランス(パリSGとリール)、オランダ(アヤックス)とオーストリア(ザルツブルク)も、敗退クラブが出ていません。

イタリアは4クラブ中2クラブ(ユベントス、インテル)、ドイツは4クラブ中1クラブ(バイエルン)の決勝ラウンド進出にとどまっており、やや苦戦していると言えます。


<CL本戦出場・決勝ラウンド進出クラブの、UEFAクラブランキング分布>

オレンジ:本戦出場クラブ、青:決勝ラウンド進出クラブ

FullSizeRender

10位以内から9クラブ、1120位から6クラブ、2130位から8クラブが本戦出場しており、全体の70%以上を占めています。

そんな中、10位以内のクラブは、バルセロナを除く8クラブが決勝ラウンドに進出しており、格の違いを感じさせます。フランスのリールは100位以下ながら決勝ラウンド進出を果たしており、ダークホースとして楽しみです。

2021-2022シーズンから、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)UEFAヨーロッパリーグ (EL)に次ぐ位置付けの大会として、UEFAヨーロッパカンファレンスリーグ(UECL)が創設されました。


前回の記事では、CLELUECLのレベル感の違いをつかむために、国・協会別に各大会の本戦出場クラブ数を集計してみました。

今回は、各大会の本戦出場クラブのUEFAクラブランキングを比較してみました。

10位以内、11〜20位以内…というように、10位単位で分類し、クラブ数を集計しています。

2021-22シーズン開幕時のUEFAランキングを使用しています。

表をクリックすると拡大表示できます。


<CLELUECL本戦出場クラブの、UEFAクラブランキング分布>

(オレンジ:CL、黄緑:EL、水色:UECL)

IMG_6879

大会により、本戦出場クラブのランキングの傾向が異なることが一目瞭然です。


<CL本戦出場クラブの、UEFAクラブランキング分布>

IMG_6880

CLは、10位以内から9クラブ、11〜20位から6クラブ、21〜30位から8クラブが本戦出場しており、全体の70%以上を占めています。

まさに「ビッグクラブのための大会」という感じですね。


<EL本戦出場クラブの、UEFAクラブランキング分布>

IMG_6881

51〜60位が7クラブと最も多いです。

60位以内のクラブが約半数、100位以内のクラブが大半、という構図となっています。


<UECL本戦出場クラブの、UEFAクラブランキング分布>

IMG_6882

非常に広範囲に分布していますが、61〜70位の5クラブ、201位以下の8クラブが多いです。

100位以内と101位以上が半数ずつとなっており、CLや ELとは明確に参加しているクラブのレベル感が異なります。

ELのグループステージ3位のクラブは、UECLのグループステージ2位のクラブと、UECL決勝ラウンド進出をかけてプレーオフを戦うので、

どういった展開になるのか注目です。


↑このページのトップヘ